中学受験

Comiru(コミル)の評判や使い方-緊急時にも塾からの連絡がLINEに届く!

comiruの評判や使い方

新型コロナウイルスの影響により、多くの塾や習い事教室が休校を余儀なくされていますが、問題になっているのは教室から保護者への情報伝達がスムーズにいっていないことです。

「いつまで休講なのか」「家庭学習ではなにをすればいいのか」といった情報が十分に共有されていない保護者にとっては、先行きの見えないことからくる不安や悩みが日に日に増していっている状況です。

そんな緊急時にも機能を発揮しており、日頃の塾の先生と保護者のコミュニケーション手段としても使い勝手がいいと評判のアプリ「Comiru(コミル)」はご存知でしょうか。

主に塾や習い事教室を中心に利用が広がっているアプリですが、先生の業務負担が減ることはもちろん、保護者や生徒も様々な恩恵を受けられる画期的なサービスです。

そこで今回は、子どもが通っている塾からComiruアプリ導入を言われたときにも、保護者の方々が迷いなく最大限活用できるように、また塾や教室運営の方がComiru導入の際の参考となるようにまとめてみました。

読んだらわかるComiruのこと

Comiruはどんなアプリ?
Comiruの評判や口コミ
Comiruの料金・費用負担
Comiruの使い方や登録方法

 

Comiruとはどんなアプリなの?

Comiruとはどんなアプリ

Comiru(コミル)とは、学習塾や習い事教室を中心に利用が広がっている、教室と生徒・保護者をつなぐコミュニケーション管理アプリです。講師の業務負担を減らすサービスですが、LINEとの連携ができるため、保護者にとっても使い勝手のいいアプリとして評価されています。現在、約1700以上の塾・教室で約10万人以上の生徒・保護者に利用されています。
Comiru/株式会社POPER

ナビこ
ナビこ
LINEと連携してるから、Comiruのアプリをダウンロードしなくてもいいんだって!それならお母さんも確認が楽だし便利よね!

産官学が連携するプロジェクト「未来の教室」のEdTechサービスの一つでもあり、統合型校務支援システムが必須となってくる学校教育の場においても、可能性に満ちたアプリサービスであるといえます。

みらプロ2020とポケモン
「みらプロ2020」の小学校プログラミング指導事例まとめ(ポケモンやドコモ)小学生のプログラミング教育促進に向けて「みらプロ2020」がスタート。新たにポケモンやしくみデザインが加わり、総合的な学習の時間で17企業が協力します。学校の活動事例や教材、応募の注意点などをまとめました。...

 

Comiruの機能と特長

Comiruの機能と特長

それでは、Comiruにはどのような機能があり、生徒や保護者にとってどのようなメリットがあるのかを紹介したいと思います。

生徒・保護者のメリット①「LINEに塾からの連絡が届く」

塾からの連絡手段は、メールもしくは生徒に手渡しするプリントが一般的ですが、メールの場合は保護者が確認する割合が低く、緊急時の連絡手段として機能を果していないというのが塾が抱える積年の課題でした。

Comiruが優れているのは、日本人なら誰もが利用しているといっても過言ではないくらいの「LINE」に連絡がくることです。今回のような休講にしなければならない緊急時の対応でも力を発揮してくれますし、保護者と塾がいちいち電話で確認し合うといった手間を省くことにもつながります。

たとえ、LINEを利用していない場合でも、Comiruのアプリをダウンロードすれば、プッシュ通知で連絡が入るため、保護者は塾からの連絡を見逃しにくくなります。

ナビまる
ナビまる
それにスマホだけでなくパソコンからも確認できる仕組みだから、普段の連絡はスマホで確認して、詳しい資料はパソコンで閲覧するなどの使い分けもできるんだよ。

生徒・保護者のメリット②「子どもの入退室が把握できて安心」

Comiruには子どもの入退室を管理できる機能があります。とくに機器も不要で、先生が作成したQRコードをかざすだけで毎日の入塾・退塾がわかるため、保護者は安心することができます。

とくにポイントとなるのが、子どもが入退室カードをかざしたときに保護者のLINEに通知が届くことです。リアルタイムで情報が届くので、たとえ仕事が遅くなって家を不在にしているときでも、スマホで子どもの状況を確認できる点が優れています。

ナビまる
ナビまる
昔はナビまるも塾が終わったら自習してるふりして友達と空き地でダベってたけど、それもバレちゃうね。

生徒・保護者のメリット③「すべてがアプリ内で完結する」

Comiruではネット経由で引き落とし口座の設定ができるので、わざわざ塾に銀行口座登録の書類を書きに行く必要がありません。クレジットカード決済なので、毎月に授業料支払いが楽になります。

そのほかにも、アプリ内で保護者面談の設定や塾からのアンケート回答など、ペーパレスでできることから書類管理も不要で、保護者に確実に塾の情報が共有されます。従来とはちがって、塾と家庭の双方がよりコミュニケーションを取りやすい環境が実現するのです。

ナビこ
ナビこ
子どもに書類を渡しても塾のカバンの下のほうにクシャクシャっと…あるあるよね。

 

Comiruの塾での導入実績や評判

Comiruの評判や実績

Comiruがなんといってもすごいのは、その成長率です。運営している株式会社POPERは設立2015年にもかかわらず、塾の学習管理・支援分野で確固たる地位を築きつつあります。教室の導入数も2019年3月時点では500教室(「未来の教室」実証事業)でしたが、現在1,700教室まで拡大しています。

わずか一年足らずで3倍以上にまで広がっているということは、それほど塾が切望していた機能を兼ね備えたサービスということであり、全国には塾ならずさまざまな学習形態を持つ習い事教室がたくさん存在するので、今後も成長著しいことが容易に見てとれます。

ナビまる
ナビまる
この手のプラットフォームサービスに大事なのは、たくさんの失敗というかトライ&エラーというか、多くの人に使われれば使われるほどシステムも改善されるし、機能も充実されていくから信頼も高まっていくよね。

現在、Comiruを導入している塾・教室の代表例

Comiruの評判や口コミ

Twitterでの塾の利用の評判や口コミを集めました。新型コロナウイルスの対応窓口としても機能していることがわかります。

一方で、システムエラーが起きることもあります。全国の多数の生徒・保護者が同時にアクセスするとサーバーに負荷がかかりますし、アプリなのでアップデートを行った際には不具合はつきものです。

そのような不具合が起きたときは、専用の問い合わせ窓口を利用するようにしましょう。塾の先生用と保護者用で問い合わせ窓口が分かれているので、対応も早いと思います。
Comiru問い合わせページ

 

Comiruの費用・料金・ダウンロード方法

Comiruのダウンロードや登録方法

Comiruの費用や料金

初期費用30,000円/教室(税別)
月額費用300円/生徒(税別)

誤解のないように申し上げますが、これらの費用は生徒の保護者が払うわけではなく、塾や教室がComiruを導入する際に契約する料金です。

ただ、月々の電話代や塾に足を運んで書類を書くなどの手間が省けることを考えると、各家庭で300円分を毎月負担するのもありだとは思います。その分、先生の業務負担が減り、生徒一人一人によりきめ細かな指導やサポートを受けられるようになるでしょう。

Comiruのダウンロード方法

ComiruはiPhoneやAndroidスマホアプリをダウンロードすることができます。基本的には、導入時に塾からダウンロードURLの案内がありますが、こちらにも掲載しておきます。

Comiru

Comiru

shingo kurihara無料posted withアプリーチ

 

ということで、今や塾業界を席巻しつつある業務支援アプリ「Comiru」を紹介しました。

お子様が通われている塾や教室で、この記事で挙げたような悩みや課題があるのであれば、先生にアプリの導入をすすめてみてはいかがでしょうか。先生、そしておうちの方が協力して、子どもにとってより学びやすい環境がつくられていくことを望みます。